アジアン系家具。

アジアン系家具。

家具のジャンルのひとつである、”アジアン系”についてご紹介いたします。
家具のジャンルとして使用されるアジアン系は、主にインドネシアやタイ、中国やベトナム、バリ島などで作られたアジアの独特な雰囲気をもった家具のことを言います。
アジアのリゾート地がイメージされている家具が非常に多く、それゆえに部屋をアジアン家具で統一するとラグジュアリーな雰囲気が存分に味わえます。
近年人気がどんどん高くなっている理由は、インテリアとしてのアジアン家具はそのほとんどが天然素材で作られているためで、それにより気が持つ本来の独特のツヤが優しい雰囲気を醸し出してくれます。
アジアン系の特徴は以下のようになります。

・優雅な気分を自宅で味わうことができる
・心の底からリラックスできる
・使用されるカラーは、主にこげ茶、茶色、緑が基本色となっている
・オレンジをアクセントにすることで、リゾートのような雰囲気を出すことができる
・濃い木目調の家具が多い
・ダイニングテーブルやダイニングチェアなどはほとんどなく、ソファやローテーブルなどがメインである また、使用される素材につきましては、
・チーク材やバンブー、チーク材が主流で、クルミ材が使用されることもある ということが挙げられます。

    注目情報

  • 個性豊かなブランドを取り揃えて様々な種類の中から銀座にあるアネリディギンザの婚約指輪なら、200種類以上の中からジュエリーコーディネーターと一緒に決めるので、小さい頃からの憧れの一生に一度の指輪を手に入れることが可能です。

Copyright(C) 家具の種類 All Rights Reserved.