家具の種類。

家具の種類。

家具には、大きく分けて2つの種類があります。
収納家具と、空間創造家具です。
本項では、この2つの家具についてご説明していきましょう。
●空間創造家具 一定の区的の空間を床面から切り離し、床より高い位置に確保することが目的の家具。

・机類  机、テーブル、座卓、電話代など。
 執筆作業や食事などの作業空間を確保し、また各種作業が効率よく行える他kさを作り出すための道具。

・椅子類  椅子、ソファー、座椅子など。
 人が座る空間を作り出すための道具。

・寝具  ベッドなど。
 人が寝る空間を確保するための道具。
他にも、衝立、間仕切り、屏風なども視覚的、心理的にある空間を隠したり装飾に用いるため、家具とみなされます。
●収納家具 家財道具や服飾品、あるいは食品などを整理して収納するための家具。
収納を基本的目的としているが、中には収納物を展示、陳列することを目的としているものもある。
また、収納型家具のほとんどは箱型となっている。

・棚類  本棚、戸棚、食器棚、下駄箱など。
  水平な棚板を適度な感覚で上下方向に複数枚張ることで、荷物を置くことができる面積を拡大できる。
  少ない設置面積で多量の荷物を収納できるよう工夫された家具。

・箪笥(タンス)類  衣装箪笥(和箪笥、洋服箪笥)、茶箪笥など。
  衣類や小物を保管するために用いる家具のこと。
  引き出しや引き戸があり、収納物をほこりや害虫などから防ぐ工夫がなされている。

・日本の伝統的な家具。
 葛籠、行李   葛籠は蓋つきかごの一種であり、行李は主に旅行用の荷物入れに用いた蓋つきの箱のこと。
また、 ●その他の家具
・鏡台など も当てはまります。

    Copyright(C) 家具の種類 All Rights Reserved.